読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

台湾7日目 台中ー彰化20㎞

●Z君とJちゃんと台中第二市場で朝ごはん。中は迷路みたいで楽しい。ちょっと薄暗くて、肉の塊をダンダン切ってる店とか、THE市場で楽しい。ローカルフード朝ごはん屋さんがたくさん並んでいる。

麻醤麺大好き。ごまだれと肉そぼろのかかった麺で、好みで辛い豆板醤みたいな調味料も入れてよく混ぜて食べる。

●台中から台鐡で隣の太原駅へ。週末のみ開かれる蚤の市に連れて行ってもらった。チェーンソー、工具、アンティーク骨董品、洋服、家電、なんでも売っている。スポーツ自転車も売っている。(正規品じゃないから、どうだろうね~とJちゃん。)

静岡に住んでいたことがあるというおじいさんと日本語で少しお話する。70歳から80歳くらいのおじいさんだったけど、タブレットやラインを使いこなしていた。「台湾の男は悪い男多いから、気をつけてよ!」

●Jちゃんの卒業制作を見せてもらいに、大学へ。Jちゃんは商業設計を専攻している大学4年生。台湾の大学は6月卒業なので、もう少しで卒業なのだ。お弁当袋、ジュース袋のデザイン&制作で、生地のデザインから、商品説明のカタログまで全部自分たちで作り上げた素晴らしい展示だった。準備大変だっただろうな。とってもとっても感動しちゃった。

●お昼ごろ出発しようと思っていたけど、なんだかんだで出発は16時近くになってしまった。今日は台中から30㎞くらいの員林にいく予定だったけれど、めぼしい員林のホテルはどこも予約でいっぱい。(土曜日だったからかも)

日も落ちてきて、員林に着くころには日が暮れてしまう。比較的大きい町の彰化で、適当に宿を探して泊まることに。

初めての飛び込み宿交渉。大きい道路沿いに、汽車旅館の文字。電車がモチーフのホテルかなあ、おもしろそう。きれいそう。3300元。うっ高い。でももたもたしていて宿無しはつらいので、ここに決定。

あとでわかったことは、汽車旅館はモーテル。(汽車が自動車の意味で、電車は関係ない。)大きいガレージ付きの部屋がいくつか並んでいる。大きいジャグジー風呂、大きいベッド、今日はゆっくり寝られそう~。

●彰化はうまくいえないけど、わやわやしていてなんか台湾ぽいねえっていう街。肉圓(ばーわん)っていうぷにぷにした皮の中に肉の餡が入ったものが名物。台湾の人はみんなこれが大好きらしい。でも私は肉が苦手なので、たぶんだめだろうな~と思ってトライしてない。

●ホテルの周辺地図に蛤麺っていうのを発見して、それを食べに行った。濃い貝のスープでおいしい~。今日は3食麺デー。

●彰化駅近くに、現役の扇形車庫があると知って、行くのを楽しみにしていた。しかし営業時間を過ぎており、見ることができなかった。また今度の楽しみに~~。

 

台中第二市場

 

お米でできた麺とか仙草ゼリーとか入ったかき氷。

 

 

太原蚤の市(太原駅からすぐ)

 

 

もうすぐ彰化 この派手な旗を持った人、よく見るな~(次の日正体が明らかに!)

 

 

扇形車庫行きたかったよ

 

 

汽車旅館 大きい車庫に小さい自転車

 

テレビ付ジャグジー

 

蛤麺