読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雪の五能線 2017 その①

国内旅行 東北

1日目

東京ー秋田(新幹線)

秋田ーウエスパ椿山ー不老ふ死温泉

 

 

秋田新幹線の座席は黄金色。

外観が赤で、中は黄金色って大胆な配色!

↑東京駅で台湾風弁当発見

福島県に入ると雪景色〜

●秋田の市民市場でニイハオとおばちゃんに話しかけられる。日本人ですというと、「ごめんね〜厚着していたから」とのこと。(帽子とマフラーをぐるぐるに巻いていた。ダウンジャケットも派手目の色だった)中華圏のお客さん多いですか?と聞いたら、10人に1人はそうだね〜と言ってました。

海産物のお店はたらこと筋子の取り扱いが多い。

野菜で珍しかったのはアスパラ菜という野菜。

あとは山菜系。

●赤れんが郷土館の受付のお姉さんすごく美人でうっとり。南沢奈央ちゃん風の爽やかお姉さん。

●竿灯祭り記念館で竿灯を見る。持ち方にも色々種類やレベルがあるらしい。腰に乗せるとかそんな持ち方あるの知らなかった。

一番上の階に太鼓が置いてある会議室みたいなところがある。太鼓叩き放題。楽しい。会議室は狭いので、でかい太鼓の音が響きまくってちょっとびびる。

 

●西武地下の佐藤養助さんで稲庭うどん。うどんも天ぷらもつゆもすっごく美味しかった。また食べたい。

↑冬の秋田は寒いから楽しい!!その通り!!!!

 

 

↑雪かきの道具も色々あってカラフル。

 

 

↑きりたんぽ一本単位で買える。

 

秋田駅

リゾートしらかみ号に乗ってウエスパ椿山駅へ。五能線に入る。日本海、カモメ、雪、漁村。最高だ!演歌の世界。駅のホーロー看板にもリンゴ、かわいい。

リゾートしらかみ号は窓が大きくて、展望デッキもあり、とても快適。

五能線起点の東能代駅のホーム待合所にミニ運転席

運転手気分が味わえる。


↑川も凍っている

 

●ウエスパ椿山から送迎バスで不老ふ死温泉へ。外の露天風呂は日没までなので、内風呂で体を温めて、急いで露天風呂へ。ぬるくて気持ちよかった。鉄と塩分多めの湯。

●夕食は魚介類たくさんの豪華な食事。頭痛薬を飲んでしまったのでお酒は飲まず。津軽風の甘い茶碗蒸しとカレイの煮付け、海草のちゅるちゅる麺が特に美味しかった。贅沢したな。

↑深浦にんじんのシャーベット

 

●移動の疲れもあり10時前に寝てしまった

 

↑旅館にあった

安美錦関(好きです)は深浦町出身!

巡業があったのは平成19年だから10年前、まだ朝青龍がいて、日馬富士安馬だったころ。