読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

台湾自転車旅行 宿の手配

台湾(台北ー高雄)2016.4

●自転車の旅行は、天気によって予定が大きく変わるので、

宿の手配は、天気予報をみながら、前日夜か当日にすることが多かった。

(旅行前に予約したのは一泊目のみ)

(ただ、旅行前のルート決めの時に、だいたいこの辺りに泊まるだろうという目星をつけて、ホテルや民宿があるエリアを調べていた)

●飛び込み宿交渉(予約とりそこねてやむなし)は一度だけ

●自分は寝るところに重きをおくほうではなく、宿泊費は安いほうがいい、寝られれば十分と考える方です

●とはいっても一応女性一人旅なので、野宿やテント泊はしないと決めていた

●700元(2500円程度)くらいの部屋にとまることが一番多かった

今回の旅

一番安くてドミトリー360元(1300円程度)

一番高くてモーテル3300元(12000円程度)

●金・土曜日や祝日前は可能なら早めに予約した方が安心

●汽車旅館:モーテルの意味

●ドミトリータイプのホステルは、耳栓と南京錠があるとよい

●宿予約はスマホで。利用したのはagodaとbooking.comとairbnb

★agoda:ホテル予約サイト。支払いはクレジットで前もって決済される

★booking.com:ホテル予約サイト。支払いは現地で支払う(前もって払うことも可能)

airbnb:民泊予約サイト。一般の人が、使われていない家や部屋を貸し出す・借りるシステム。泊まりたい人はホストにリクエストを送って、ホストは24時間以内にOKかNGかの返事を出すことになっている。

支払いはクレジット(paypal

airbnbはシステムをよく分かっておらず、使うつもりはなかった。

しかしagodaとbooking.comで超高級ホテルか超チープホステルしかないエリアで困った時、googlemapでairbnbの宿がひっかかったので、半信半疑で使ってみた。とっても快適だったので、すっかりお気に入りに。

airbnb使ってみた感想と気をつけた点

・リクエストを送っただけでは予約完了にならない。直前だと返事がもらえないこともあるので注意

・ホストが女性のところ、口コミのいいところを選んだ

・予約が完了したら、ホストと電話やメールで連絡を取って、直接会って鍵を受け取り、宿の説明をしてもらう

・ゲストもホストも、信用で成り立つのでレビューが超大事だと思った(ゲストもレビューを書かれる)

・一軒目は古い農家の家をきれいにリノベーションしたところ、

二軒目は古いビルをリノベーションしたところ(一階は仕事事務所として使っていて、二階に部屋があった)

どちらもサイトの写真通りできれいだった。ホテルとは違う現地の家に泊まることができるので面白い。アメニティも用意してあって、ドライヤーも強力だし(ホテルの、微妙なとき、あるよね~~!)、ベッドの寝ごご地もよく、快適だった。

・一軒目のホストとは英語でやりとり、二軒目のホストは中国語でやり取り。(メール)どちらも日本人のゲストは初めてだったそう。だけどとても親切にしてくれた。こちらとしても、最初に泊めた日本人が最悪だったら今後日本人お断りになっちゃうかもしれないので、ちょっと気をつけた。

(私の泊まったところはたまたまどちらもよいところだったけど、2軒しか利用していないので、話し半分くらいに読んでください。)