読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

台湾14日目 台南8㎞

●朝、海の方へサイクリング。この旅で初めて海を見た~。波に近づいて行った時、遠くの砂浜に犬の群れ4,5匹を発見し、ゆっくり浜へ引き返した。犬…。

●今日は、台中の大学生のお友達、Jちゃんの実家でお昼ご飯をごちそうになる。Jちゃんの実家は台南なのだ。ショートパンツでさらさらの髪をなびかせながらロードバイクで走るJちゃん。なんて可愛くてかっこいいんだろう~。ほれぼれ。

●Jちゃんママがたくさんごちそうを作ってくれた。私は肉が嫌いと多分事前に伝えておいてくれたようで魚やエビ、野菜のメニューがたくさん。きっと時間をかけて用意してくれたんだろう。家庭料理おいしい~。サツマイモ入りのご飯おいしい~。

私は、とうふとえのき、ねぎ入りの味噌汁を作った。(材料はスーパーで買った)味噌の味がちょっと日本とは違い、塩辛い味噌汁になってしまったよ。得意料理は味噌汁って言わなきゃよかった…。はずかしい。

おじいちゃん、ママ、Jちゃん、高校生の弟、妹と一緒にご飯を食べる。取り皿は使わず、ごはんにおかずを載せて食べるみたい。

家族みんな、適度に気を使わない感じでいごごちがよかった。言葉が通じなくても、なんかこの人とは気が合いそうだって感じるのは不思議だな。どこで判断しているのかな。

おじいちゃんは83歳で日本語が上手だった。二年か三年、学校で日本語を教わったことがあると言っていた。「私は嘉南大圳で働いていたことがあるよ」。びっくり。歴史の証人。塩辛い味噌汁も、おじいちゃんは「これは日本人が一番食べる料理だね」と言って飲んでくれた。

●Jちゃんは、この6月で大学を卒業予定。台南に戻って働いて、お金をためて、来年、日本の小さな町のレストランで働きたいとのこと。そして最終的にはヨーロッパで働くのが夢。いろいろ夢があっていいね。

若い時は不安がたくさん、でも34歳の私も、不安たくさん。いくつになっても先は見えなくて不安だ~。でも、お互いがんばろうね。そして、日本語と中国語でたくさんお話ができるようになるといいね。一回り年が違うけれど、たまたま出会った日本人と仲良くしてくれて、大事な家族を紹介してくれてありがとう。素晴らしい出会いと友情に感謝。

●Jちゃんと別れ、台南駅から出ているバスに乗って四草へ。

台南駅のバス、本当に分かりづらい~。来たと思ったらすぐ行っちゃったり、待ってても電光掲示板通りに来てるのか来てないのか?

●四草は観光ボートがあって、マングローブの林の中を見ることができる。ジャングルクルーズみたいな感じ。ボート乗り場にはたくさんの人が並んでいて大盛況。ボートでおじさんが色々説明してくれるんだけど、ぜんぜんわからなかった。多分、四草独特の地形や植物、動物の話をしていたんだと思う。ゆらゆら揺れるボートでボーっとするのもなかなかよかったよ。

●台南がゴールの気でいたけど、天気もよさそうだし、明日高雄まで行ってみようと決めて就寝。

 

 

朝ごはん屋さん

 

 

チーズとマッシュポテト入り蛋餅

 

今日はいい天気。海の方へ。

 

 

ママのごちそう

 

 

四草のボート

 

 

夕暮れの台南駅

 

 

鍋焼意麺。ほんとうに鍋焼きだ!チープな味でおいしい。

 

そういえばフルーツをぜんぜん食べていなかった!と気づいて、食べに行った。さっぱりした甘さのフルーツ。