台湾10日目 嘉義ー鳥山頭ダムー朴子38㎞(一部電車) 

●朝、嘉義駅から台鐡に乗り隆田駅へ。

嘉義駅は駅にインフォメーションセンターがあるので、まずそこで自転車を載せたいと申し込みをして、それから窓口で切符を受け取るシステムらしい。3-40分電車の旅。

●隆田駅から鳥山頭ダムまで10㎞弱。工業団地を抜けて田舎道を走る。

ダム到着。このダムは日本統治時代、八田與一という日本人が設計したダムで、台湾ではかなり有名な人らしい。嘉義から台南一帯は嘉南平原という広い平原になっているんだけど、豪雨や日照りが多くて農家の人たちは長年悩まされていたそう。そこで大規模な灌漑施設とダムをつくることになり、八田與一が中心になって建設したのが嘉南大圳という用水施設。

ダムと、八田與一の銅像がぽつんと建っている程度かなと思っていたら、大きい公園のようになっていてかなり広い。これは徒歩で周るのは無理だ。自転車で来てよかった。(ダムの入り口のところに貸し自転車屋もあった)。公園にはなっているけれど、なんせかなり広いので、野良っぽい犬もちらほら見かける。台湾の人は、犬のことあんまり気にしてないね。犬が寄ってきてもぜんぜん動じない。おびえているのは私だけだ。

ダムがどうやってできたのかとか知りたかったんだけど、説明は中国語で読めないし、ビデオももちろん中国語だし、結局良く分からなかった。でも一度来られてよかったよ。(映画KANOでも大沢たかお八田與一役で出ている。)ダムは八田與一がちょうど今の私と同じ年齢(34歳)の頃できたものらしい。こんなでかいスケールの仕事、すごいなあ~。八田パワーを分けてもらえたかしら。

●その後また隆田から電車で嘉義にもどり、故宮分院の方へ。台北にある故宮博物館の分院が嘉義に最近できたと知り(この前日に)、ぜひ行ってみたかったんだけど、チケットはすべて予約制で(インターネットで予約できる)、4月分はすでに売り切れていた。予約なしでも外観と庭は見られるらしいので、寄っていくことにした。

立派なかっこいい建物。池のある広い庭。でもまだ作り途中の様子で、これから植物も生い茂って庭らしくなるんだろうなという感じ。建物もまだ全部終わっていなくて工事中の箇所が多い。

ダメもとで、予約なしでも入れますかって聞いたけどやっぱり駄目でした。

今日は分院の近くのホテルに宿泊。中国大陸のお客さんが多いみたいで、エレベーターのポスターは簡体字表記。故宮分院も団体バスが多かったし、大陸の人の旅行コースになっているのかな(分院の近くに嘉義空港と高鐡嘉義駅がある)

●今日は嘉南平原の広さを感じた一日だった!どこまでいっても平原~。

 

電車で隆田駅まで。

 

隆田駅おりたところ

色々サイクリングロードがあるみたい。

 

 

本当にあっているのかなあこの道…

 

 

ほっ…ついた。八田路という道路もある

 

ダム、公園、記念館、バーベキュー場、ホテル、色々な施設がある

 

八田與一の家を再現

 

園内はとっても広い

 

 

八田與一像と記念撮影している幼稚園のこどもたち(遠足ぽかった)

 

 

平原広い~~!

 

 

故宮博物館南院

 

 

衝撃的だったんだけど、この後、こういう犬をたくさん見かけた。

台湾では普通なのかな!!??

 

分院のカフェでマッシュルームご飯を頼んだら、(洋風なのがくるのかな?と思っていたら)中華風あんかけご飯だった。

 

工事中の箇所も多い。

中の様子

 

なっ、、、なんだ!?何の肉!?

あとで調べたらすっぽんだった。

 

 

 

ホテルの周りは食べ物屋さんがあまりなく、コンビニで買った夜ごはん。このカップラーメン、テレビのCMで何回も見かけて気になっていたの!おいしかった。