読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

台湾 旅のマイルール

台湾(台北ー高雄)2016.4

これまでの国内自転車旅の経験と反省をふまえ、

また今回は初めての海外自転車旅(そしてひとり)なので、

かなり慎重めなマイルールを設定した。

 

①一日の走行距離は長くて60キロに設定

東海道を走ってみて、私は頑張って一日80キロを走るのが今の限界と知り、

写真を撮ったり観光したりしつつ走れるのは、5-60キロがちょうどいい距離。

海外で色々なアクシデントが考えられるので、短い日は30キロ、長い日で60キロでルートを考えた。さらに、台中、台南で数日滞在し、休憩&観光の日、予備日などかなりゆったりした日程を組んだ。

 

(台湾一周(環島)する人は一日100キロを目安に走る人が多いみたいです。台湾一周が約1000キロなので、10日前後で一周するみたい)

 

②ゴールは台南、行けそうなら高雄

台北ー台南で約320キロ

台北高雄で約360キロ

 

③一日雨の日は走らない

雨の日の走行は、視界も悪いし、楽しくないので、修行のようになってしまう。

4月清明節(2016年の清明節は4/3~4/5)の時期は雨が多いといわれているらしい。

(『淸明時節雨紛紛』という中国の有名な詩の一節があると台湾のお友達が教えてくれました)

本当は3月に行きたかったのですが、仕事の関係で4月行くことに。

以前5月に台湾に行った時は、完全に日本の夏、

6月は暑くて外にいるだけで耐えがたい暑さだったので、4月にどうしても行きたかった!

 

④日没までに宿に到着する

日没後の走行はもう二度とやらないと浜松で誓った。

夜は、暗さに加え、台湾では野犬がでることも多いそう。

 

⑤ホテル、民宿に泊まる(野宿はしない)

いちおう女性一人なので

 

⑥無理はせず、楽しんでゆっくり旅行する。

自転車に乗っていると、目的地まであと何キロっていうのがどんどん近付いていくのが楽しくなってきちゃうんだけど、無理せずゆっくり走ること。

環島にこだわらず、つらくなったら即電車に乗ろうと決める。

 

⑦グルメ情報はなるべく探さない。

私はとても食い意地がはっているので、いろいろおいしいものを検索しちゃうと、その店にいかないとどうしても気が済まなくなってしまう。調べすぎて行きそびれると、ああーあそこ行きたかったな~~~、と後々まで尾を引いてしまう。

なので、今回は、極力グルメ情報を調べず、その時見つけたお店やその時食べたいものを選ぶようにした。

台南ではそのルールを破り、少し調べちゃったのですが…。そしたらやっぱりあれも食べたいこれも食べたいになって大変だった!

あと、台湾、とくに台南の方は牡蠣の養殖がとても盛んでおいしい牡蠣料理がたくさんあるんだけど、東海道自転車旅の時に食べたカキフライで、ちょっと危ない思いをしたので、今回は牡蠣たべませんでした!大好きなので本当に残念だったんだけど…。

 

と色々マイルールを設定しましたが、実際はけっこうルールをはみ出した旅行になってしまった。