読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【初の輪行旅行 とびしま海道】尾道 hotel cycleとサイクルヤマト便

国内旅行

ホテルサイクル

www.onomichi-u2.com

洒落たホテル!

自転車ごとチェックインでき、部屋に自転車を掛けることもできる、と聞いていたので、結構広い部屋なのかなと思っていたけど、意外とコンパクトなお部屋でした。

f:id:tengtengteng:20151205010208j:plain

f:id:tengtengteng:20151205010230j:plainホテルとおしゃれセレクトショップ、レストラン、ジャイアントショップが同じ施設内にあります。

昔の倉庫を改装した施設。

部屋に置いてあったティーバッグがすごく美味しかった〜

ベッドも適度にふかふかで快適でした。

パンのお土産付き(パンもこの施設にあるパン屋さんが作ったもの)プランで宿泊したので、朝チェックアウトの時パンを受け取る。

大した期待はしていなかったけど美味しいパンでびっくり!

 

 

ここでこの旅行の最後の不安ポイント、

「ヤマトで自転車を自宅まで配送する手続き」があったので、それについて。

まずは事前に調べておいたヤマトサイクル便を使うため、

 

1.サイクリックのサイトで一年会員の登録(年会費 2500円+税)

↑これは事前に登録しておいた。

 

2.サイクルヤマト便を使う為のクーポンを同じサイトで購入 (2回分で500円+税)

※クーポンを買うとき、伝票番号が必要なので、ホテルのフロントで、ヤマト便の伝票を貰って記入。

クーポンを買う際、集荷地と配送先を入力するので、それで配送料が計算される。今回は広島→東京で、配送料は2500円くらいだった。

 

自転車を輪行袋に入れる。

前輪をはずしたフレームのところと、ギアの変速機は大きい衝撃が加わると破損するかもしれないと思い、持参したプチプチで保護。気休め程度の保護ですが。

 

集荷のヤマトのおじさんが来て、自転車と伝票を渡すと、

保険をかけますかと聞かれる。

保険料は、2〜300円くらいだったので、念のためにお願いした。

しかしおじさんの話によると保険をかける人はそんなにいないらしい。

おじさんは、計算もちゃちゃっとやって、自転車を軽々と運び、風のように去っていった。ヤマトの人は本当にすごい。

そして2日後にはもう自宅に届いた。

届いてすぐ中を開けて確認したけれど、自転車には特に支障なく、問題なし!

これで、数々の不安ポイント全部クリア〜!

 

気持ちがほっとしたので、尾道ラーメンを食べにいき、

さらにこのonomichi U2 のバーでワインとピザを食べて就寝。